葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_告知映像デッサンバージョン

  • 2020.02.01 Saturday
  • 12:00

 

2月1日(土)から2月28日(金)”まで、倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展を開催中です!拍手拍手拍手

 

今回、いつも映像をお願いしている映像作家の“小川翔平”さんが特別にご協力くださり、告知画像を2パターン作って下さいました!

 

こちらのブログでは映像が埋め込みできないので、YouTubeからご覧下さい!

まずは公開した“デッサンバージョン”からどうぞ!

 

家これまでの“本展予告映像デッサンバージョン”はこちらから!back

 

URL倉木麻衣さんの今回のアルバムこちらから!back

 

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

downdown葉祥明の鉛筆の動きを映像に取り入れて下さいました。

スクリーンショット 2020-01-31 12.08.32.png

 

スクリーンショット 2020-01-31 12.09.07.png

 

スクリーンショット 2020-01-31 12.09.29.png

葉祥明美術館の常設展:2019年<春の展示>_クロウドの部屋_プラレール・小田急スペシャル!

  • 2019.04.18 Thursday
  • 19:00

 

今日は“プラレール”や鉄道愛好家には特に驚き?のご紹介かもしれません!モゴモゴ

 

1964年から2004年まで小田急電車で利用された<小田急2600形電車>の電車ラッピングに、葉祥明の絵が施され、1983年に実際に走行していたことがあるのです!ひらめきひらめきひらめきひらめき

 

それだけでも驚きなのですが、2005年6月に“タカラトミー”さんから“小田急電鉄スペシャル・プラレール”として限定発売されていた事実も!びっくり

 

そこで、今回の“葉祥明が描いた電車シリーズ”の展示にあたり、当時、寄贈してくださった“プラレール”と、電車に使用された絵の原画を合わせて、ご覧頂くことにしました。拍手拍手拍手拍手

 

小田急電鉄”さん、“タカラトミー”さん、ありがとうございます!ロリポップ!

 

是非、皆さま、ご覧にお越し下さい!

特別に写真撮影OKデス!見る

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

downdown原画、走行中の写真、そしてプラレールの“三位一体!おはな

 

190418-6.jpg

 

190418-4.jpg

1964年に登場した小田急電鉄初の20m、4扉の大型通勤電車です。

この車両は旧向ヶ丘遊園のフラワーショーのキャンペーンとして絵本作家

葉祥明氏の絵柄をモチーフに塗装された、1983年のフラワートレイン2次車です。

(タカラトミーさん、パッケージ解説より)

 

190418-1.jpg

 

190418-8.jpg

 

190418-3.jpg

販売自体は終了しているのですが、ネット検索すると中古品として売買されていました。

画像は三体セット。単体での販売もありました。モグモグ

 

downdown<原画のアップ>。メルヘンな世界ですね。

190418-9.jpg

 

190418-2.jpg

そして、実際に走っていた時の画像です。

“小田急電鉄”さんにもご協力頂き、当時の写真をお借りすることができました。

 

downdown展示室の様子です。

190418-5.jpg

 

葉祥明美術館の常設展:2019年<春の展示>_クロウドの部屋_電車シリーズ!

  • 2019.02.18 Monday
  • 23:00

 

今日の関東地方はまさに春がすぐそこまで!という陽気で、日中はマフラーもいらないくらいでした。

 

そんな陽気を受けて、3月から常設展を春の展示に切り替えていくのですが、クロウドの部屋では、<電車シリーズ>をご覧頂こうと準備中です!拍手拍手拍手

 

山シリーズ>と同じように、作品数として意外に多く、見応えのあるものになるかと思います。

特に、このブログでもご紹介したことのある(と思われる)例の模型も展示する予定ですので、ご期待下さい!ウィンク

 

それでは、今日はその作品を少しご紹介します!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0442.jpg

 

IMG_0441.jpg

 

IMG_0443.jpg

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その3

  • 2019.01.19 Saturday
  • 17:00

 

三日連続で詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』から、“リラちゃんのお部屋”で展示している葉祥明作品のご紹介です。鉛筆

 

原画作品の展示としては、表紙絵なのですが、詩は別のページからの引用となっています。

そちらも合わせてご一読下さい。見る

 

作品は今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

すごく分かりやすいのですが、相当なロマンチストのように感じます。

でも、そこに葉祥明の絵がマッチするということは、やはり同じようにロマンチストなのかもしれませんね!ウィンク

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_3299 2.jpg

 

IMG_3300.jpg

 

 

恋愛詩_3net.jpg

愛の歌』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

ぼくの故郷は何だろう?

ぼくの故郷は かわいらしい

ここかと思うと またあちらへ

ぼくの心をうばって つれて行く

痛みを 安らぎを ぼくにあたえる

きみこそが ぼくの故郷

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その2

  • 2019.01.18 Friday
  • 19:30

 

昨日に引き続き、“リラちゃんのお部屋”の展示作品のご紹介です。

 

画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

(※昨日は「世界の名詩を読みかえす」としてご紹介しましたが、上記の間違いでした。お詫びして訂正致します)

 

今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

私生活では何度も失恋し、結婚生活も何度も破綻したとか…。

だからこそ、生まれた名詩なのかもしれませんね。

1946年にはノーベル文学賞を受賞しています。鉛筆

 

そして、葉祥明の濃紺の夜の絵がちょっと寂しくも、どこかに柔らかな眼差しを感じます。ニコニコ

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0064.jpg

 

IMG_0065.jpg

 

恋愛詩_2.jpg

なんと毎日が…』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

なんと毎日がやりきれないのだろう!

どんな暖炉にあたっても

からだがあたたまらない

太陽ももう

わたしにほほえんではくれない

なにもかもうつろで

なにもかも冷ややかで 心つれない

やさしい明るい星たちも

どう慰めたらいいのかわからないまま

わたしを見つめている

恋も死ぬことを

身にしみて知ったあの日から

 

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』

  • 2019.01.17 Thursday
  • 15:00

 

先日、“階段とクロウドの部屋の常設展示”をご案内しましたが、“リラちゃんのお部屋”では、詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

 

本書はヘッセ、ハイネ、リルケ、ゲーテ、コクトーなど、世界の名だたる詩人が読んだ恋愛詩を49編セレクトして、そこに、日本を代表する画家の絵を添えたユニークな詩画集です。とても知的で品位のある一冊としてロングセラーになっています。ニコニコ

 

今日は、その中から1点、ご紹介します。鉛筆

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0058.jpg

 

IMG_0057.jpg

おねがい』 詩:ヘッセ 絵:葉祥明

 

いつかあなたが

言えないことをたくさん言える

あなたのかわいらしい手を

さしのべてくれたとき

わたしはあなたにききました

わたしを愛してくださいますか と

 

でも いまのおねがいは

愛してください ではありません

ただ あなたがわたしのそばにいて

ときおり 黙ったままそっと

手をさしのべてさえいてくだされば

いいのです

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

 

※昨日アップした記事の内容を訂正しております。掲載本が「世界の名詩よ読みかえす」ではなく、正しくは「世界の恋愛詩を読みかえす」でした。お詫び致します。

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_階段&クロウドの部屋の様子

  • 2019.01.10 Thursday
  • 21:00

 

<2018年_秋の展示>をご紹介しないまま、<冬の展示>に…。モゴモゴ

 

階段壁の片面はジェイクをメインにしてみました。

クロウドの部屋>は“はちぞう”がとってもかわいらしい、絵本『ほしにいのりを』です。ラッキー

 

いずれの作品も原画ならではの細緻で美しい色が間近でご覧頂けますよ!

原画の前を通るたびに「きれいだなぁ」と思います。ロリポップ!

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_3288.jpg

「HOUSE OF PUPPY」…。

小さい方がジェイクなのか?ジェイクはここには居ないのか…?

葉はあるとき「ジェイクという犬種じゃない?」とも…。「えぇ?」

 

IMG_3289.jpg

 

190110-4.jpg

こちらが、絵本『ほしにいのりを』の原画を展示している<クロウドの部屋>。

この星に降り注いだ流れ星が“”という命をもたらしてくれた、という先進的な仮説が織り込まれています!

 

190110-5.jpg

 

190110-3.jpg

 

downdowndown画像ではかわいらしさ、素晴らしさを伝えきれない一枚です。downdowndown

190110-1.jpg

是非、ご自身の目で!

葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_クロウドの部屋

  • 2018.07.05 Thursday
  • 18:20

 

今回、クロウドの部屋では“前回と同じ出典”となる、月間保育絵本『こどものせかい』から葉祥明作『ひかりの なかで』の原画を展示しています!ウィンク

 

こどものせかい』は“至光社”が1955年に創刊した月刊絵本で、キリスト教幼稚園、保育園で広く読まれてきました。葉祥明のデビュー作、絵本『ぼくのベンチにしろいとり』が生まれたご縁の深い絵本作品集です。ロリポップ!

 

本作は、こどもたちが健やかに安心してこの世界の“愛”を感じてほしいという願いが込められています。“ひかり”や“かみさま”と表現されている部分は、お母さん、お父さん、あるいは子どもたちをあたたかく見守る人々や自然のことなのかもしれませんね。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_1706.jpg

 

IMG_1715.jpg

 

down本文を一部紹介します。鉛筆2

180705-1.jpg

冊数限定で特別に当館店頭で販売しております。

 

IMG_1707.jpg

あさごはん

  いただきまーす!

 

おこめを つくってくれた ひと

パンを やいてくれた ひと

ぱく ぱく もぐ もぐ

 

  ごちそうさま

      ありがとう!

 

IMG_1708.jpg

ひかりの なかで

きょうが はじまる

 

   いってきまーす!

     いってらっしゃい!

 

IMG_1709.jpg

きょうは みんなで ピクニック!

  はい ならんで ならんで げんきよく

 

ひかりの なかで たのしいな

 

IMG_1710.jpg

 ただいま!

 

みんな まってた?

 あいたかったよ

 

みんなのこと

  だーいすき!

 

IMG_1712.jpg

ゆうやけは

 かみさまからの

ひかりの おくりもの

 

IMG_1714.jpg

よるの しずけさの なかに

  かみさまが いる

 

おやすみなさい

  おやすみなさい

 

また あした

葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_階段の様子

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 18:30

 

今日も夏ですね!

葉と打ち合わせしたのですが、本人はもうバテてしまっていました…。たらーっ

 

さて、今日は当館の<夏の展示>をご紹介します。

 

やはり夏と言えばシチュエーションとしては“”。

葉祥明の描く海は、あくまでも静かで涼しげです。

入道雲が描いてあったとしても、真夏の強い日差しや暑さを強調する手段ではなく、夏という状況を作る大道具のようなものかもしれません。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_1703.jpg

 

IMG_1704.jpg

 

IMG_1705.jpg

 

                     <白いヨット・1984年制作>

 

          <夜のヨット・1976年制作>

 

IMG_1716.jpg

 

IMG_1717.jpg

 

down絵本『海からの風』より

IMG_1719.jpg

安心して
その身をまかせておけば

海も人生も
君を優しく包み込み
様々な経験をさせてくれる
そしていつのまにか
風と潮の流れは
君を人生の最終目的地へと
運んでくれるだろう

葉祥明美術館の常設展:2018年<春の展示>_階段の様子

  • 2018.03.18 Sunday
  • 19:00

 

今日は<春の展示>階段のコーナーをご覧頂きます。見る

 

春の絵は葉祥明の得意とするところ。

広々とした緑の草原と青い空。そこに集う子どもや花々、動物たちを描けば、命がきらきら輝く春の絵になります。アート

 

今回はジェイクとガールフレンドが描かれた作品の他、はちぞうとその仲間たちなど、楽しい絵を中心に展示しています。ウィンク

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

 

 

down絵本『ジェイクの幸せってなあに?』より鉛筆2

 

downジェイクとグレイス!ハート大小

 

down絵本『はちぞうのぼうけん』より鉛筆2

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_速報!_2
    toshi (08/11)
  • イベントのお知らせ:Bookライブ「キeク」〜本をキク、音をキク〜:絵本『森が海をつくる』より
    toshi (08/09)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『花のすきな おおかみ』_展示の様子!:ひまわり!
    toshi (08/07)
  • 新商品のご紹介:スマホリング!_先行予約受付中!
    toshi (08/05)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_告知!
    toshi (08/04)
  • いちご新聞'20年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.58のご紹介です!_2/2
    toshi (08/03)
  • いちご新聞'20年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.58のご紹介です!_1/2
    toshi (08/02)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_速報!_1
    toshi (08/01)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_スタートします!
    toshi (07/29)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'19年夏43号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (07/27)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM