ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!

  • 2019.12.01 Sunday
  • 18:00

 

みなさん、こんにちは!

2代目ミュージアムキャット”の“絵夢”です!

 

デビューして約1ヶ月。

美術館の環境にも慣れて、楽しくミュージアムライフを送っています!ラッキー

 

体重が倍以上になったし、ジャンプ力もついてきたから、最近はカウンターにも楽々登ることができるようになって楽しいよ!ウィンク

 

そうそう。

今日は館内が“クリスマス仕様”になったから、案内するね!ロリポップ!

 

downdownちなみに、今年も“菊玉”を飾っています!

191201-3.jpg

 

downdownボクが遊べそうな飾りがあるのではないかと…。

191201-5.jpg

 

downdownこれはどうかな?

191201-8.jpg

 

downdownショップや2階も飾りつけしたよ!

191201-7.jpg

 

downdownサービスショット!

191201-6.jpg

 

downdownって、葉っぱをかじってみた!にゃっ!てれちゃう

   明日も出勤しますよ!

191201-2.jpg

ミュージアムキャット!:はじめまして!絵夢(えむ)です!

  • 2019.10.28 Monday
  • 20:30

 

みなさん!はじめまして!

ボクの名前は『絵夢(えむ)』!猫

 

葉祥明美術館の初代ミュージアムキャットの“独歩”兄さんの跡を継いで、“2代目ミュージアムキャット”に就任しました!拍手拍手拍手

 

2019年6月15日生まれの男の子です!ポッ

 

保護猫として館長さんのところに来て、1ヶ月半。

美術館のスタッフさんにもかわいがってもらって、少しずつ環境になれてきたところです!ウィンク

 

普段は館長さんの家にいて、車で出勤するときに連れてきてもらっているから、いつも居るわけじゃないけど、在館するときはTwitterでお知らせしようと思っています!もちろん、電話でお尋ねもOKです!だいたい、金曜日から月曜のいずれかの予定です!ラッキー

 

美術館に皆さんがいらした時は「絵夢くん、いますか?」って聞いてみて!猫2

 

でも、まだまだ小さいし、デビューしたばっかりだから、優しくしてね!ロリポップ!

 

これから、どうぞ、よろしくおねがいします!てれちゃう

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f653.jpg

 

downdown北鎌倉 猫月間〜ヒーリング・キャットを探して〜」クイズ&スタンプラリー>の案内でボカシの元になっていた写真がこれでした!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_fa75.jpg

 

D4+MbQJuSJWIna13j9WY0w_thumb_f97a.jpg

 

ha5Nv3WUTC2320Mmoy0Sxg_thumb_f980.jpg

 

 

 

downdownお気に入りの場所でお昼寝するのも大事!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f9ec.jpg

 

downdownまだまだ、ここが落ち着きます…。あっかんべー

emu191028a.jpg

葉祥明美術館看板猫:ドッポが亡くなって12年経ちました。

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 23:00

 

葉祥明美術館には12年前まで“ミュージアムキャット”の“ドッポ”がスタッフの一人として勤務してくれていました。猫

 

朝ふらりとやってきて、閉館時にどこかに消えていく…という出勤スタイルだったのですが、途中から美術館を住まいとして、私たちも癒されていました。ニコニコ

 

そのドッポが亡くなったのが2007年の3月8日。

あれから12年が経ちました。

もし、今生きていたら、きっとSNSで大活躍していただろうなぁ、と偲んでおります…。

 

downdowndownこんな写真と共に!びっくりdowndowndown

頭が寒いの?.jpg

なぜにスタンドの傘にアタマを?

暖かさに惹かれたのか…。

 

downdowndown「し、死んでるのでは?」びっくりdowndowndown

CIMG0002.jpg

と、よくお客さんに心配されておりました。

たしかに、そんな風に見えますよね。モゴモゴ

 

また新しいミュージアムキャットがやってこないかなぁ、と思っています。

ドッポ、ありがとう。ラブ

葉祥明美術館看板猫:今日はドッポの命日…。

  • 2010.03.08 Monday
  • 00:00
今日は、2007年3月8日に突然旅立った、
北鎌倉葉祥明美術館の看板猫「ドッポ」の命日です。猫

最近もドッポを尋ねて来られるお客様があり、
未だに高い人気を誇っています!グッド

そして、今年もONさんがお花を
ドッポにたむけてくださいました。
ありがとうございます…。ニコニコ

これまでのドッポの記事はこちらから!back


せっかく珍しい色合いのバラとかすみ草だったのですが、
携帯カメラしか手元になく、うまく画像処理ができませんでした…。悲しい


こんな感じでよく座っていました。
微動だにしないので、
置物ですか?」って尋ねられたり、
動いた!」と驚かれたり…。たらーっ

今日のブログで予定していた
「宮若市中央公民館」講演会の記事は明日にお届けします!楽しい

葉祥明美術館看板猫:ドッポの三回忌でした・・・。

  • 2009.03.08 Sunday
  • 23:00
2007年の3月8日に葉祥明美術館の看板猫だった「ドッポ」が旅立ってから、
今日で、丸二年が経ちました。

そして、今年もそんなドッポを偲び、
お客様がいらして下さいました。ジョギング


KTさん、ONさん、供花をありがとうございました。
とてもあでやかになりましたよ!桜


美術館の入り口脇にあるボックスの上でくつろぐドッポ。猫
ONさんのご提供です。

これからも3月8日は、
葉祥明美術館にとって大切な日です・・・。ニコニコ

雑誌「猫の手帖」2008年4月号:葉祥明美術館で『ドッポ』を偲ぶ

  • 2008.03.25 Tuesday
  • 23:00
以前、雑誌・月刊「Cats」に葉祥明美術館の
故・ドッポが紹介されたことがありました。猫

そしてこのたび、雑誌「猫の手帖」にて
ドッポを偲ぶ記事が掲載されました。

ありがとうございました!


雑誌「猫の手帖」2008年4月号・表紙



葉祥明美術館で『ドッポ』を偲ぶ

JR北鎌倉駅から徒歩3分。※
『明月通り』の少し奥に、絵本作家の葉祥明さんの作品を集めた美術館がある。
看板猫『ドッポ』(オス)は昨年3月に亡くなってしまったけど、
スタッフに頼めば、アルバムの写真でその姿を偲ぶことができるよ。

※ 公称では徒歩7分となっています。




こちらは葉祥明美術館へ向かう途中の線路脇にある、
ギャラリー「北鎌倉 猫の箱」家

オーナーご夫妻は、ドッポのお別れ会にも
参列してくださいました。ポロリ

葉祥明も美術館スタッフもよく立ち寄る、猫スポットです!

葉祥明美術館看板猫:ドッポの一周忌

  • 2008.03.08 Saturday
  • 19:00
本日の北鎌倉は、雲一つない青空に恵まれ、
葉祥明美術館も久しぶりの賑わいをみせていました。

そんな中、昨日もお知らせしました通り
美術館の看板猫だったドッポ」の一周忌が行なわれました。
忠犬ハチ公と言われたハチの命日でもあります)



ドッポの育ての親でもある
食事処「橘」さんのご一家もお越し下さり、
葉祥明美術館の前庭で弔いました。

お花はKTさん一家。
お供え物は、参列くださったONさんご一家から。

そして、下の写真もONさんからいただきました。
数年間に渡り撮りためられた写真の中から、
40枚を厳選してプレゼントしてくださいました。

その貴重な写真の中からの2枚をご紹介させていただきます。



美術館の玄関前にある「ジェイクのお家」で、夢心地のドッポ。
お客様がすぐ脇を通っても、全く動じないのが不思議でした。



美術館の門灯の上で凛々しくポーズ。


1年経った今でも、
皆さんとこうしてドッポを懐かしみ、癒されるのは
ずっと私たちの心の中に生き続けているからでしょうね。

ありがとう、ドッポ。猫

お客様からのお便りシリーズ:ドッポの写真をいただきました!

  • 2008.02.05 Tuesday
  • 23:00
早いもので、葉祥明美術館の看板猫だったドッポ
虹の橋」の向こうへと旅立って、もう1年になろうとしています… 猫

今でも「猫ちゃんはどこですか?」とお客様に尋ねられ、
思わず私たちもお伝えするのに窮することがあります ポロリ

そんな先日、在りし日のドッポの写真を
お客様のKさんから2枚、いただきました。



思わず「ドッポは、相変わらず、目つきが悪いな〜。」と
こぼしてしまいました イヒヒ

かわいい表情の時もあるのですが、
こんな風に渋〜いこともありました。



なんだか哀愁漂う、象徴的なドッポの後ろ姿です。

よくこの格好でドアの前に座って、
外を眺めたりしていました。


こうして、いつまでもドッポのことを
大切に思い続けてくださる皆さまに感謝です!

そしてもちろん、ドッポにも感謝です 楽しい
あたたかい思い出をたくさん、ありがとう!

月刊「Cats」に葉祥明美術館ドッポのお別れ会が掲載されました

  • 2007.04.17 Tuesday
  • 23:00


猫マニアにおなじみの月刊「Cats」猫
今年の1月号では、今は亡き葉祥明美術館の看板猫『ドッポ』の
館長とともに過ごす葉祥明美術館での様子などが掲載されたばかりでしたね ポロリ
そして、上記の写真の5月号に、
3月10日にひそやかに行なわれましたドッポのお別れ会の記事が掲載されました 月

 

P.75の「今月のピックアップ」というコーナーで、
カラーではなく白黒ですが、比較的メインページに掲載されています 読書

「Cats」1月号において、カラーで大きく掲載された写真を、
「ドッポ」の遺影に使用させていただいたことも書かれていました ひらめき

また、先日の葉祥明ミュージアムトークでも、
葉祥明が「ドッポ」の遺影を持ち、
みなさんと一緒に、5秒間の黙祷を捧げるシーンもありました。



「ドッポ」は、本当に本当にみなさんに愛された看板猫でしたね ポロリ
美術館の玄関の隣のお部屋の流しに行くと、
いつも足下に置いてあった「ドッポ」のお食事セットがなくなってしまった今でも、
なんだか、すっと足下に現れるような気がして、目がにじみました。
「ドッポ」は、きっと今度は、葉祥明美術館を見守る天使となったに違いありません 曇り

最後に、今月号の「Cats」誌内の投稿写真の中で、
ブログスタッフが厳選して選び抜いた写真のご紹介で、今夜はお別れしましょう 猫

葉祥明美術館でのドッポのお別れ会のご報告です

  • 2007.03.10 Saturday
  • 23:00
葉祥明美術館の看板猫、「ドッポ」が3月8日に亡くなり
本日、16:00より『お別れ会』を致しました。


美術館スタッフルームに急遽、祭壇を設けました。

『お別れ会』には、お馴染みのお客さまの他に、
亡くなったことを全くご存知ないまま、
ドッポに会いに来てくださったお客様もいらっしゃいました。

たくさんの花に囲まれているドッポを見ていると、
彼の存在に癒され、元気づけられた人がいかに多くいたかが偲ばれます。
その「人徳」の高さに感動すると共に、一緒に過ごせた時間が大切な思い出になりました。


ドッポの育ての親、食事処「橘」さんのご一家と共に。

《お伺いしたドッポとの出会いのエピソード》
「橘」さんのお嬢さんが最初にドッポと出会ったときのこと。
彼は、足先が完全におかしな方向に曲がって、弱り切っていたそうです。
しかも、その周辺にはカラスが…。
気の毒に思ったお嬢さんは、その場から彼を連れ帰りますが、
なんとそれから1年以上も足の治療を施されたとのこと。
その行動がなければ、その後13年以上もドッポが葉祥明美術館に通ってきてくれた
日々はなかったことでしょう。
本当に感謝です。

家 食事処「橘」
鎌倉市山ノ内明月谷187
(葉祥明美術館の斜め向かい)
営業時間:12:00〜15:00頃(売り切れ次第閉店)
定休日:不定休
おすすめの橘弁当が人気です



在りし日のドッポの写真。

これからしばらくは、「ドッポは? あの猫ちゃんは?」と
ご質問をいただくことと思います…。
お伝えするのが辛いですが、思い出話を共に語り合えればと思います。

今回の死去に際して、ドッポの悲報に書き込みをしてくださった方、
メールを寄せてくださった方。
そして、足を運んでくださった皆様、ドッポのために、ありがとうございました。

『ドッポ、これまでほんとうにありがとう。
 あなたに、たくさんの人々が癒されました。
 安らかに眠ってください。』

葉祥明&葉祥明美術館館長・堀内重見

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2019年<東武宇都宮>にて!
    toshi (12/13)
  • いちご新聞'19年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.47のご紹介です!_2/2
    toshi (12/12)
  • いちご新聞'19年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.47のご紹介です!_1/2
    toshi (12/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年9月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (12/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    toshi (12/02)
  • フェアのお知らせ:2019年<広島福屋八丁堀本店>にて!_ サイン会&原画販売!
    toshi (11/30)
  • 北鎌倉を楽しむ:カフェ<うぐいす>
    toshi (11/28)
  • 北鎌倉を楽しむ:けんちん汁<かまくら五山別館>と鎌倉彫・民芸陶芸<竜華樹>
    toshi (11/26)
  • 北鎌倉を楽しむ:<鎌倉 鉢の木>〜精進料理と会席料理〜
    toshi (11/23)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:出演<片山裕子&松永知史>
    toshi (11/22)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM