掲載本の紹介:『ひでぼー天使の詩』

  • 2011.02.02 Wednesday
  • 00:00
今回ご紹介する本は
ひでぼー天使の詩(うた)』です。読書

作者は染色体異常の病気のため、体が不自由で耳が聞こえず、
気管切開のため声も出せなくなってしまった重度障害を抱えて
昨年3月に亡くなった“橋本英旺(ひでお)”君のお母さん、“橋本理加”さん。ニコニコ

8才10か月という短い生涯を終えた息子さんの看病を不眠不休で続けている中、
亡くなる直前に「なぜか次々と浮かんできた」という言葉の数々を、
葉祥明の絵に載せて出版されました。鉛筆

懸命に生き抜いた英旺君とお母さんとの二人三脚で生まれた一冊の本。
印税は恵まれない子どもたちのために基金に寄付されます。おはな

これまでの“掲載本の紹介”はこちらから!back


【書 名】ひでぼー天使の詩
【 文 】橋本 理加
【 絵 】葉 祥明
【価 格】1,365円(税込)
【頁 数】31ページ
【サイズ】30.3×21.8×8cm
【出版社】明窓出版(2010/12/25)


わたぼうし
たんぽぽの寿命は短い。
でも可憐な黄色い心は、お日様のような温かさと癒しを僕たちに届けてくれる。
本当に優しいお友だち。
寿命をまっとうしたら、わたぼうしになってどこか遠くへとんでってしまう。
僕もわたぼうしをかぶって軽やかに、どこまでもどこまでも旅してみたいな。
そして自分の好きな場所に着陸して、またそこで新しい花を咲かせるの。
たんぽぽは僕たちに命の素晴らしさや命のリレーを教えてくれる、愛の大先生なのだ。

虫の知らせ
虫の目になってみよう。どんなに人間が恐ろしいか、想像してみて!
せまってくる大きな足。飛んでくる大きな手。にらみをきかせた大きな目。
恐ろしいと思わない?
人は虫を気持ち悪いと言ってつい殺してしまうけれど、虫の目から僕らを見ると、
人間の方が気持ち悪いかもしれないよ。
でっかい体に『心』というとてつもない武器を持っている、恐ろしい生き物だって思っているよ。
なんで、この地球に人より多い数の虫が存在すると思う?
なんで、虫は人に近寄ってきたり、とまってきたりすると思う?
それはね、虫は人間を観察しているからなの。
人間の『心』を調べて、テレパシーで神様に報告しているんだよ。
だから、僕らのために働いてくれている優しい虫たちを殺さないで!優しくしてあげて!
みんな地球の仲間なんだから。



『命』という字を体で表してみて。
伸ばした両手はなにを意味すると思う?
僕は、『命』あるものすべては繋がっているという、愛の形だと思うの。
人間は、一人では生きていけないでしょう。
自然も、動物も、人間も、仲良く手を繋いで一つになり、
初めて『命』が出来上がると思うの。
だから、地球の、自然の、人の、すべての痛みを自分のものと感じて、
『命』を表現してほしいな。
僕らはみんな、『命』そのものなんだから。


祈り
だれでも、一度は祈ったことあるでしょう。
健康でありますようにとか。お金持ちになりますようにとか。
困った時の神頼みとか。宗教の祈りとか。
でも、いったい誰にお願いして誰に祈っているの? 答えはきっと神様だよね。
じゃあ、その神様はどのにいるの?
僕はね、宇宙全部が神様で、自然だったり、自分自身だったりすると思うの。
僕の祈りは、ただ心からわきあがるだけ。
すべてのものにありがとう。世界が平和でありますように、地球がちゃんと回りますように!
ただひたすら感謝して祈るだけ。
地球があるから僕たちは生きていけるでしょう。
地球を引っ越すことはできないんだから、みんなも母なる地球に感謝の祈りを捧げよう。
失ってからじゃ遅いんだ。
みんなで手を繋ぎ、まぁるい輪になって祈ってみよう。
そうしたら世界も、平和の輪になるはずだから。
祈りの力は、天に通じるすごい力。


葉祥明先生からのメッセージ
人生では、しばしば人の理解を超えたことが起こります。
とりわけ、愛する者の厳しい生の状態や在り方を目のあたりにして、人は「どうして?」「何故?」「何のために?」と問わずにはいられません。
この不条理な出来事については、この世を越えた次元から見る他ないのです。
恐らく、“ひでぼー”は、人々を魂の奥深くに、そして宇宙の高みに導くために、この世界にやって来たのでしょう。
束の間、地球に降り立った、あの「星の王子さま」のように、“ひでぼー”の肉体に九年間だけ滞在したスピリットは、今もお母さんを通してメッセージを伝え続けているようです。自分自身と人類全体、そして地球の進化成長のために…。
コメント
命って、重いですね。それだけにいろいろ考えさせられ
ます。
  • toshi
  • 2011/02/02 8:16 AM
病と、戦っている人はたくさんいます。

明日が見えない人も
今、ひでぼーがおしえてくれていることを、たくさんの人に伝えられたら、私の命の価値もあると思えますね。
病と戦う人々に、申し訳ない気持ちです。
  • レモンパイです
  • 2011/02/02 8:59 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • お知らせ:店頭レジ袋について
    toshi (07/06)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『花のすきな おおかみ』_1回目
    toshi (07/04)
  • イベントのお知らせ!:リモート配信を始めます!_葉祥明ミュージアムトーク<2020.07.04>花のすきなおおかみ
    葉祥明美術館 堀内重見 (07/04)
  • イベントのお知らせ!:リモート配信を始めます!_葉祥明ミュージアムトーク<2020.07.04>花のすきなおおかみ
    なつみ (07/04)
  • イベントのお知らせ!:リモート配信を始めます!_葉祥明ミュージアムトーク<2020.07.04>花のすきなおおかみ
    J.M. (07/02)
  • イベントのお知らせ!:リモート配信を始めます!_葉祥明ミュージアムトーク<2020.07.04>花のすきなおおかみ
    toshi (07/02)
  • イベントのお知らせ:かまくらさんぽ_ツアーのご紹介!
    toshi (06/28)
  • お知らせ:葉山館長のオンライン講演会開催!
    toshi (06/25)
  • 葉祥明原画販売のお知らせ:『風の絵葉書』vol.1
    toshi (06/24)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『花のすきな おおかみ』_展示の様子!:
    toshi (06/21)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM