いちご新聞'19年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.43のご紹介です!_2/2

  • 2019.05.10 Friday
  • 18:00

 

いちご新聞』の6月号に掲載された葉祥明コーナー『心にAroma』を“5月4日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2

(4月号と5月号はまた改めて…)

 

この絵と詩は“令和”という新しい時代の幕開けをテーマにしていたので、皆さんの反応はそれほどないのではないか?と心配していたのですが、InstagramやTwitterでも「葉祥明らしい詩」として好評でした。


それでは、皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク


URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

190509-1.jpg

Q:今月は「令和に向けて」がテーマですが、どんな心持ちですか?

 

A:まったく新しい時代のスタートというより、むしろ色々なことがあった平成という時代をリセットって感じかな。大事なのは、過去に引きずられず、前を向いて生きていこう!という気持ちだ。

 

Q:過去のネガティブなものに振り回されないということですね。

 

A:そうだね。うれしいことがたくさんあっても、悲しいことや思いがけない出来事で、うれしいことが影を潜めちゃうことがあるけれど、でもそれではもったいない。人生には苦しみや悲しみがつきもの。しかし、いつかはそこから立ち直る。辛くても、ここから出発する。それしかない。

 

天気だって晴れの日もあれば、雨の日もあるように、人生だっていろんな日があり、いろんな感情がある。でも文句ばかり言っていてもそれじゃ前に進めない。めげそうになったら、自然に目を向けることだ。広い海、青空。そして植物。ちゃんと新芽が出て、緑が出てくる。

 

桜が咲いて、満開を迎え、やがて散る。花びらが散ったのを見て、「終わっちゃってさみしいね」と言う人もいるけれど、散っている花吹雪もきれいだし、葉桜も青々として美しい。桜の満開の時期は短いけれど、また来年ちゃんと桜の季節はやってくる。

 

だから悲しむ必要はないし、絶望する必要もない。桜と同じように、人生も世の中も、全てはプロセスの途中だから、僕たちは。焦ったり、今結論づける必要はないんだよ。

 

令和が始まる。今こそ生活と人生をリセットの良い機会。前を向いて歩き始めよう!

コメント
葉さんのコメントは、いつも元気貰います。
  • toshi
  • 2019/05/11 5:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 原画展<ギャラクシティ>: 葉祥明ギャラリートークの様子!
    toshi (05/22)
  • 原画展<ギャラクシティ>: 橋本昌彦さん×小谷博子さん対談の様子!
    toshi (05/19)
  • 原画展<ギャラクシティ>:設営と展示の様子!
    toshi (05/18)
  • 葉祥明美術館の企画展:『Life is ......』絵本原画展_チラシのご紹介
    toshi (05/16)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のご報告:出演 窕臚犲詒&小野晃>◆祓併獲柩嬶ぁ久保ひかる>
    toshi (05/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年4月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (05/12)
  • いちご新聞'19年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.43のご紹介です!_2/2
    toshi (05/11)
  • 葉祥明美術館の企画展:『しあわせってなあに?』絵本原画展_G.Wスペシャル“クイズ&スタンプラリー!”_ご報告!
    toshi (05/09)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<夏の装い>-その1
    toshi (05/07)
  • 北鎌倉を楽しむ:葛きり、わらび餅、あんみつ、けんちん蕎麦のお店<鎌倉 明月>さん
    toshi (05/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM