掲載されました:『かまくら春秋』_2017年1月号

  • 2017.02.11 Saturday
  • 17:30

 

かまくら春秋社”が発刊している鎌倉・湘南の情報誌『かまくら春秋』1月号に

葉祥明がエッセイを寄稿しました。鉛筆2

 

私の鎌倉』というコーナーで、

北鎌倉を取り上げ、自身の美術館である当館も紹介していますよ〜。汗

 

皆さんも、是非、“北鎌倉で一日過ごしてみて下さい!グッド

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

 

170211-1.jpg

私が本当に鎌倉らしいと思っているのが「北鎌倉」だ。昔から余り変わっていない木造の小さな駅舎。円覚寺側の改札口を出ると、目の前に巨木がうっそうと林立した円覚寺だ。いつ訪れても一瞬の内に自分の気分が変わる。七百年前の古鎌倉に迷い込んだかのようだ。鎌倉駅前の都会的賑わいとは違う。心身が浄められるような、静かな佇まいは、今も昔も変わらない。

 

北鎌倉の狭い区域には円覚寺の他に、建長寺、浄智寺という大きなお寺さんがあり、その他、かつては、駆け込み寺だったという庭が美しい、東慶寺。実は個人的には、この小ぢんまりとした寺が私のお気に入り。そして、アジサイで有名な明月院!

 

アジサイの季節には寺全体が幻想的な、青アジサイで埋め尽くされ、人々をうっとりさせる。一生の内、一度は、この青い花の世界を訪れて欲しいと思う。

 

この明月院通りに、葉祥明美術館がある。前庭が印象的な小ぢんまりとした渋いレンガの洋館で、近くには、食事処、甘味店、カフェなどもある。今日は、思い切って、「北鎌倉」だけ味わうってのも素敵だと思う。(葉祥明)

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_熊本公演決定!

  • 2017.02.10 Friday
  • 21:30

 

熊本地震の発生からやがて1年になります。

その時に大きなトラウマを負ってしまった子どもたちに“笑顔”を取り戻してもらいたい、と、

昨年夏に“音楽劇『リトル・ツリー』”を熊本で上演する企画が立ち上がりました。グッド

 

そして“クラウドファンディング”は“東京プレ公演”、そして“寄付金”により、

3月4日(土)から9日(木)まで、全8公演が決定しました。拍手拍手拍手

 

益城町飯野小学校・御幸小学校などをはじめ熊本市内の小学校など6公演。

そして2公演は一般公演となりました!ロリポップ!

 

2カ所とも“入場無料”です。

熊本ではなかなか上演が出来なかったプログラムでもあります。

是非、お時間を作ってお越し下さいませ!ジョギング

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAIL “リトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

170209-1.jpg

子供たちの笑顔まで、

地震に奪われてはいけない

 

【日時】2017年3月6日(月) 17:30開場 18:00開演(約1時間)

    旧南阿蘇村立白水中学校体育館
    2017年3月8日(水) 14:30開場 15:00開演(約1時間)

    熊本市現代美術館ホームギャラリー

【料金】入場無料

【他公演先】3月4日 益城町立飯野小学校
           熊本市立御幸小学校
      3月5日 益城町立広安西小学校
      3月7日 御船町立七滝中央小学校
      3月8日 熊本市立託麻原小学校

      3月9日 みなみYMCAぶどうの木幼児園

 

 

【原 作】葉祥明 【演 出】白峰優梨子

【作 詞】シーラ 【脚 本】中川千英子

【作曲・ピアノ】吉田佐由子 【バイオリン】千葉裕之 【パーカッション】赤羽拓真

【キャスト】青木さおり・川井佐知子・土器屋利行・早川久美子・溝渕俊介(50音順) 

平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_予告!

  • 2017.02.06 Monday
  • 23:30

 

ブログ・メルマガ等で告知をしておりました〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の旅程と費用の計算が大詰めを迎えて来ました。グッド

 

詳細はチラシ入稿後にお伝えしますが、今日はそのイメージ案をご覧頂きます!見る

 

図案は“熊本市現代美術館”に収蔵されている2004年制作の《熊本城》です。

この絵と同じように4月16日に熊本市内と熊本城、4月17日は阿蘇を巡ります。ジョギング

 

そして、ツアー名にもなっている『鎌倉から熊本へ』は、主旨に賛同してくださった鎌倉五山第4位の“臨済宗円覚寺派金寶山 浄智寺”ご住職、“朝比奈惠温”さんによるものです。

快く引き受けて下さいました。ありがとうございます!ロリポップ!

 

今回のツアーは葉祥明ゆかりの地を訪ねると同時に、被災地を訪問することで、大地震は一体どいういう現実を引き起こすのか?そこから何を学べるのか?を体感し、減災・防災の意識を高めることが目的です。そして、何よりも熊本の復興支援になれば、という思いです。ニコニコ

 

2月23日(金)には会員様のお申し込み受付、翌24日(土)からは通常受付開始となります。

ご参加をお待ちしております。YES!

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

170206-1.gif

フェアのお知らせ:2017年<名古屋三越栄店>にて!_告知!

  • 2017.02.05 Sunday
  • 16:45

昨年に引き続き、今年も“名古屋三越栄店”にて、
葉祥明フェアが開催されます!拍手拍手拍手

会期が前期と後期に分かれています。
それにより会場も変わりますので、ご注意下さい!!

 

今回の告知に使用されている作品は昨年に続き、

本フェア用に描き下ろした新作です。ロリポップ!

皆様のお越しをお待ちしております!おてんき

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

 

170205-1.jpg

名古屋三越栄店

【期間会場】2017年2月8日(水)〜2月14日(火)
      会場:ザ・ギャラリー
      2016年2月15日(水)〜2月21日(火)
      会場:リビングステーション
【サイン会】2月19日(日)14:00〜16:30

      ・ミニトークショー 14:00〜14:15

      ・サイン会(1回目)  14:15〜15:00

      ・サイン会(2回目) 15:30〜16:30
【住  所】460-8669 名古屋市中区栄3-5-1
【電  話】052-252-1987

ミュージアムトークのご報告:絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』原画展

  • 2017.02.04 Saturday
  • 17:30

 

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『サニーちゃん、シリアへ行くの絵本原画展に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年2月4日(土)”に行いました。地球

 

天気は良かったのですが、珍しくお客さんが少なかったですね…。

とはいえ、岐阜や四国から目指してお越し下さった方もあり、

葉自身も元気をもらったようでしたよ!グッド

 

次回のミュージアムトークは“2017年5月中旬”を予定しています!ロリポップ!


URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback

 

170204-2.jpg

 

170204-3.jpg

最近はオシャレ?を意識してメガネをかけていることが多くなりました。モゴモゴ

 

170204-1.jpg

そして、3月18日(土)に予定している“ミュージアムミュージック”にご出演予定の

リラ・コスモス”のお二人による“ライアー”の演奏もお披露目!

メソポタミア文明に起源を持つ竪琴が美術館の雰囲気にとてもマッチしていました!ニコニコ

ミュージアムイベント:絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』原画展

  • 2017.02.02 Thursday
  • 11:00

 

2017年1月21日(土)〜2017年3月10日(金)まで、

『サニーちゃん、シリアへ行く』の絵本原画展が開催中です!拍手拍手拍手

 

その原画展に合わせて、“ミュージアムイベント”を催します。

2017年2月18日(土)午後2時”より約1時間の予定です。グッド

 

テーマは『私が出会ったシリア難民の子どもたち〜絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』。

出演は“[AAR Japan]難民を助ける会 理事長・長有紀枝”さんと“葉祥明”です。ロリポップ!

 

本書の文章を書かれた長さんは長年、難民を助ける会で活動をされ、2008年から同会の理事長として各方面で活躍されています。今回のイベントでは、絵本制作の他、実際に訪れて出会ったシリア難民の子どもたちの置かれた現実や活動の実態をお話し頂きます。葉祥明には会の最後の方で長さんとの共同作業について話してもらいます。猫2

 

これまで何度か“難民を助ける会のイベント”を開催してきましたが、長理事長にお越し頂くのは初めてです。私も現地の声を届けて下さるお話をしっかりと受け止めたいと思います。ニコニコ

 

皆さんのお越しをお待ちしております!楽しい

 

おうちこれまでの“ミュージアムイベント”はこちらから!back

 

AAR Japan[難民を助ける会]の絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』の原画展が1月21日から3月10日まで北鎌倉の葉祥明美術館で行われます。期間中の2月18日(土)に、絵本を執筆したAAR理事長の長有紀枝が同館で講演します。空爆から逃れ、異国の厳しい生活に耐えつつ懸命に生きるシリア難民の子どもたちの現状やエピソード、絵本に託す想いなどについて語ります。

同絵本は、累計発行部数が61万部を超え、多くの人たちに読み継がれているAARの地雷廃絶キャンペーン絵本『地雷ではなく花をください』シリーズの最新刊です。第1巻の出版から20年を記念し、2016年8月に刊行されました。第1巻から絵を描いてくださっているのは絵本作家の葉祥明さん。長は「難民問題を遠い国のできごとにしないで」というメッセージを込めて、自身がトルコで出会ったシリア難民の子どもたちをモデルに執筆しました。講演後には葉祥明さんと長によるサイン会も行います。

シリアの子どもたちのために、あなたにできることをご一緒に考えませんか。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。(写真ともにHPより引用)

 

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

170122-1.jpg

【開催期間】2017年1月21日(土)〜2017年3月10日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2017年2月04日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2017年2月18日(土)14:00〜15:00<ミュージアムイベント>

      テーマ:私が出会ったシリア難民の子どもたち〜絵本『サニーちゃん、シリア

          へ行く』

      出 演:難民を助ける会理事長・長有紀枝

          葉祥明

ミュージアムトークのお知らせ:絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』原画展

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 19:31

 

2017年1月21日(土)〜2017年3月10日(金)まで、

『サニーちゃん、シリアへ行く』の絵本原画展が開催中です!拍手拍手拍手

 

その原画展に合わせて、葉祥明の“ミュージアムトーク”を催します。

2017年2月4日(土)午後2時より約1時間”で、

約50分がお話、約10分が自作の詩の朗読です。

 

1996年にサニーちゃんが誕生して21年。

まだまだサニーちゃんの活躍が必要な世界のままですが、

同時に皆さんの善意もずっと続いているということでもあります。

 

絵本作家としてできるボランティア。

そんなお話も交えてのトークになればと思います。

 

長井学芸員のトピックスMY SELECTIONも合わせてご覧ください!見る
             upupupupupupupupup

赤い旗これまでの“ミュージアムトークのお知らせ”はこちらから!back

 

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

170122-1.jpg

【開催期間】2017年1月21日(土)〜2017年3月10日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2017年2月04日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2017年2月18日(土)14:00〜15:00<ミュージアムイベント>

      テーマ:私が出会ったシリア難民の子どもたち〜絵本『サニーちゃん、シリア

          へ行く』

      出 演:難民を助ける会理事長・長有紀枝

          葉祥明

<INFORMATION>2017年2月〜3月版!

  • 2017.01.30 Monday
  • 17:00

YOH SHOMEI INFORMATION”は、
隔月で美術館の“郵送会員”様にお届けしているA4版の情報です。NEW!

2017年の2月と3月分の情報がまとまりましたので、
ご参考までに皆様にもご紹介します。便箋

 

熊本地震の復興支援ツアーの企画も“予告”として記載しました。

お見知りおき下さい。楽しい

 

おうちこれまでの<INFORMATION>記事はこちらから!back

 

1<フェアのお知らせ>
・名古屋三越栄店<サイン会:2月19日(日)>
・高崎高島屋 <サイン会:2月26日(日)> 
・熊本鶴屋 <サイン会・3月12日(日) >
・横浜ロフト<サイン会・4月2日(日) >

2<新商品のお知らせ>
・英語絵本『赤毛のアン~Anne of Green Gables~』 
・ことば集『幸せは日々の中に

・絵本『きみに聞いてほしい』 

3<美術館からのお知らせ>
・絵本原画展『サニーちゃん、シリアへ行く

 <2017年1月21日(土)~3月10日(金) >


・絵本原画展『赤毛のアン~Anne of Green Gables~』展

 <3月11日(土)~5月19日(金) >

 

・第73回 ミュージアムトーク『サニーちゃん、シリアへ行く』

 <2月4日(土)14:00~15:00>

 

・ミュージアムイベント・原画展記念トーク『私が出会ったシリア難民の子どもたち』

 <2月18日(土)14:00~15:00>

 

・ミュージアムミュージック【出演】リラ・コスモス

 <3月18日(土)11:30&14:00>
 

4<熊本地震復興支援ツアー>

【料 金】(予定)S:69,000 円/ツイン:67,000 円(お一人様)

     ※料金には飛行機代、宿泊費、食事代を含みます。

【旅 程】4 月 16 日(日)~17 日(月)

    ・葉祥明実家の紅蘭亭や熊本城・益城町訪問(阿蘇泊)

    ・葉祥明阿蘇高原絵本美術館・被災地訪問・阿蘇観光

【その他】申込開始:2月24日 (金)11:00より(会員様)/2月25日(土)11:00より(一般)
     申 込 先:葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)
     ・遂行人数:15 名~30 名

     ・葉祥明本人の参加はございません。

※詳細については2月中旬にお知らせします。

新刊のご紹介:絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜』

  • 2017.01.29 Sunday
  • 16:30

 

2016年5月27日、アメリカの元大統領、“バラク・オバマ”氏が日本にとって、世界にとって、歴史的な演説をしました。このスピーチを聴いた人の多くが、感動を覚えた一日になったと言っても過言ではありません。ニコニコ

 

この記念すべき“広島スピーチ”を後世の子供たちに“絵本”という形で残したい、という出版社からの依頼で、テレビで活躍しているジャーナリストの“池上彰”さんが英文の翻訳をし、葉祥明が絵を描くことになりました。鉛筆2

 

長崎の原爆絵本『あの夏の日』に続き、広島のことを描くことになった葉祥明にとっても、もちろん、池上彰さんにとっても、やはり特別な依頼となったようです。よつばのクローバー

 

戦争とは何か?なぜ、戦争をしてはいけないのか?

そして、未来のために今、どうしなければいけないのか…。

力強いメッセージが込められています。地球

 

是非、ご一読下さい!楽しい

 

おわりに

アメリカのバラク・オバマ大統領が広島にやってきて、「世界から核兵器をなくすために努力しよう」と演説しました。私は、すぐ近くで演説を聞き、感動しました。

というのも、これまでアメリカは、日本の広島と長崎に原爆を落としたことを悪いと認めず、大統領が広島に来ることなど考えられなかったからです。それどころか、原爆を落としたことで太平洋戦争を早く終わらせることができて、多数の人の命を救うことができた、と説明してきました。(中略)

しかし、そんなアメリカの勝手な考えで、多くの人が亡くなり、今も後遺症で苦しんでいる人たちがいます。そのことをアメリカの人たちに知ってほしい。大統領にも被害を見てほしい。広島や長崎の被爆者は、そう望んでいました。

オバマ大統領は、その願いにこたえたのです。ただし、多くの人を死に追いやったアメリカの責任については触れませんでした。それを言うと、アメリカ国内で批判されるからです。

でも、オバマ大統領は、世界から核兵器をなくしたいと考えています。その主張でノーベル平和賞を受賞しました。核兵器を簡単になくすことはできない。けれども、「核兵器をなくそう」と主張しなければ無くせない。こう考えて、オバマ大統領は広島にやってきたのです。その呼びかけに、私たちは、どうこたえるべきでしょうか。(2016年11月 ジャーナリスト・池上彰

おわりに

オバマ大統領の広島スピーチを絵本にする。その企画に私は、正直言って戸惑いました。

大統領の言葉に触れたとき、そこには、葛藤や願いが複雑に織りなすものを感じる一方、その奥に、本来、誰もが願っている、全ての生命の尊さ、それを支えている雄大な大自然の悠久の営みと美しい地球の姿が見えました。それこそが、描くべき絵だ!と。(中略)

オバマ大統領のスピーチにあるように、広島の地がこの世界にとって、新しい道徳と理念の出発点になっていた。いつかそう振り返る日が来て欲しいと思います。この絵本がその証しともなることを願って……。(2016年11月 絵本作家・葉祥明

 

青い旗絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜』のお買い求めはこちらから!back

 

kimini_1.jpg

【書籍名】絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜
【原 文】オバマ元大統領
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】池上 彰
【価 格】1,600円(税別)
【頁 数】48ページ
【判 型】22×15.6×0.6cm

【発 行】リンダパブリッシャーズ(2016年12月31日)
【出 版】徳間書店
【特 長】2016年5月27日、アメリカのオバマ大統領が被爆地である広島を訪問した。そこで語られた、スピーチ全文を、ニュース解説でおなじみの池上彰氏が子供たちでもよめるようにわかりやすく翻訳。そして、画家・絵本作家の葉祥明氏による描き下ろしの絵をあわせたメッセージ絵本です。あの日、語られたオバマ大統領のメッセージを未来に生きる子供たちに伝えるための一冊です。巻末には原文も掲載しています。

 

down<02-03ページ>(ここから本文より一部抜粋してご紹介します)

Obama_1.jpg

71年前の

明るく晴れた朝、

広島に原爆が落ちました。

この日から

世界はすっかり変わってしまいました。

人間たちは、

自分たちを破滅させる武器を

持ってしまったのです。

 

down<12-13ページ>

Obama_2.jpg

どの宗教も愛や平和を約束するのに、

宗教の名の下に殺人を犯す人たちが

います。

科学によって、私たちは世界中と話を

したり、雲の上を飛んだり、病気を治

したり、宇宙のことを知ったりすることが

できるようになりました。しかし、

そうした科学的な知識が殺人マシンを

作り出すこともあったのです。

 

down<18-19ページ>

Obama_3.jpg

1945年8月6日の

朝の記憶を決して薄れさせてはなりません。

その記憶があれば、

私たちは戦争しがちな自分たちを

変えることができるのです。

 

down<26-27ページ>

Obama_4.jpg

私たちは、

戦争に対する考え方を

変える必要があります。

もめごとは、戦争ではなく

話し合いで

解決しなければならないのです。

私たち人類は、

過去で過ちを犯しましたが、

その過去から学ぶことができます。

子どもたちに対して、

別の道もあるのだと

語ることができます。

新刊のご紹介:英語読み聞かせシリーズ『赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜』!

  • 2017.01.28 Saturday
  • 17:00

 

Jリサーチ出版”より出版されている“読み聞かせ英語絵本”から、

世界の名作”シリーズとして三部作が出版されます!拍手拍手拍手

 

第一作目は葉祥明がこよなく愛するサン=テグジュペリの不朽の名作『星の王子さま』!

そして、第二弾は“ルーシー・M・モンゴメリ”原作の『赤毛のアン』 です!グッド

 

原作はとても分量が多いので、本書ではストーリーを追っている絵本、

というよりも名場面集や画集のような感覚でご覧頂くといいかもしれませんね。ウィンク

 

舞台となっているカナダの“プリンスエドワード島”は島全体がメルヘンのような場所として

知られています。

葉祥明自身も「プリンスエドワード島を描いているのですか?」と聞かれることが多く、

実際に島を訪れた時はそんな風に感じたようですよ。あっかんべー

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

青い旗絵本『赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜』のお買い求めはこちらから!back

 

down大判down

Anne_1.jpg

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜』(大判
【付 録】無料音声ダウンロード付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)
【原 作】モンゴメリ
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,800円(税別)
【頁 数】48ページ
【判 型】24.8×24.0×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2016年12月10日)
【特 長】だれもが知っている名作だから、安心して英語が読める・
     聞ける。
     美しい絵と言葉。小さなお子様のアート感覚も育つ。
     英語と日本語があるから、お子様一人でも学習できる。
     音声は3バージョン。英語・日本語・英語と日本語バイリ
     ンガル。(無料音声ダウンロード付)
     聞きたいバージョンを読者が選べる。
     プレゼントや卒園・入学祝いにも人気です!

downミニ版down

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜』(ミニ
【付 録】無料音声ダウンロード付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)
【原 作】モンゴメリ
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,400円(税別)
【頁 数】48ページ
【判 型】15.3×15.3×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2016年12月10日)

down<02-03ページ>(一部抜粋してご紹介します)

Anne_2.jpg

「あの、緑のきりつま屋根のマシュウ・クスバートさんですか?

 お目にかかれて、とてもうれしいわ」と、

アンはきわだって澄んだ、美しい声でたずねました。

 

"I suppose you are Mr.Matthew Cuthbert of Green Gables?

I'm very glad to see you."

Anne said in a peculiarly clear, sweet voice.

 

down<06-07ページ>

Anne_3.jpg

「あれはバーリーの池だよ」

「あら、その名前も好きじゃないわ。私なら、そうね、輝く湖水と呼ぶわ。

 バーリーさんのとこに私くらいの小さな女の子っている?」

「彼にはひとり11くらいの子がいるよ。ダイアナといってね」

「まあ」とふかく息を吸い込んで、「すてきな名前ね!」

 

"That's Baryy's pond."

"Oh, I don't like that name, either.

I shall call it -let me see- the Lake of shining Waters.

has Mr. Barry and Little girls? Well, not so very lettle either - about my size"

"He's got one about eleven. Her name is Diana."

"Oh!" with a long in - drawing of breath. "what a perfectly lovely name!"

 

down<08-09ページ>

Anne_4.jpg

「マシュウ、それだれなの?」とマリラは叫びました。

「男の子はどこにいるんです?」

「男の子なんぞいなかったよ。いたのはこの子だけだ」

 

"Matthew Cuthbert, who's that!" Marilla ejaculated.

"Where is the boy?"

"There wasn't any boy. There was only HER."

down<14-15ページ>

Anne_5.jpg

ギルバートは通路越しに手を伸ばし、アンの長い髪の毛のはしをつかみ、

腕をのばしたまま、低い声で、でも聞こえるようにささやきました。

「にんじん、にんじん!」

するとアンは彼のほうをはげしい目つきで見ました。

「ひきょうな、いやな奴! よくもそんなまねをしたわね!」

そして、バシン!と自分の石盤を

ギルバートの頭にうちおろし、砕いてしまいました。

 

Gilbert reached across the aisle, picked up the end of Anne's long red braid,

held it out at arm's length and said in a piercing whiper."

"Carrots! Carrots!"

Then Anne looked at him with a vengeance!

"You mean, hateful boy! How dare you!"

And then - thwack!

Anne had brought her slate down on Gilbert's head and cracked it

-slate not head - clear across.

 

down<20-21ページ>

Anne_6.jpg

バーリー氏の腕にはアンが抱かれ、

彼の肩にアンは頭をぐったりと横たえていました。

マリラは突然、心臓をぐさりと突き刺されたような、恐怖におそわれました。

そして彼女は気づくのでした。

自分にとってアンがいかに大事な存在であったかを。

 

In his arms Mr.Barry carried Anne,

whose head lay limply against hit shoulder.

At that moment Marilla had a revelation.

In the sudden stab of hear that pierced her very heart

she realized what Anne had come to mean to her.

 

down<34-35ページ>

Anne_7.jpg

アンはとびあがりました。

その新聞になにが書いてあるか、すぐに悟ったからです。

「アン、あなたは合格したよ。第1位で通ったの。

 あなたもギルバートも、二人とも。同点でね。

 でもあなたの名前のほうが先だよ。ああ、うれしいわ!」

 

Anne sprang to her feet, knowing at once what that paper contained.

"Anne, you've passed," Diana cried, "passed the VERY FIRST - you and

Gilbert both - you're ties - but your name is first. Oh, I'm so proud!"

 

down<40-41ページ>

Anne_8.jpg

「そうです。

 でも、ギルバートはあんたが申し込んだと聞いて、

 すぐに理事会に出かけていったの。

 ゆうべ、会議が開かれたんだよ。アヴォンリーの学校からしりぞくから、

 あんたを採用するようにって言ったんだよ、ギルバートは。

 それで自分はホワイト・サンドの学校で教える手続きをとりたいって」

 

"So they did.

But as soon as Gilbert heard that you had applied

for in he went to them - They had

a business meeting at the school last night, you know - and told them

that he withdrew his application, and suggested that they accept yours.

He said he was going to teach at White Sands."

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 掲載記事のご紹介:『読売新聞』西部朝刊_2017年2月19日(日)
    toshi (02/25)
  • フェアのお知らせ:2017年<高崎タカシマヤ>にて!
    toshi (02/24)
  • イベントのお知らせ:『和のこころを語る 〜復興への道しるべ〜』
    toshi (02/23)
  • 掲載されました:『ゼロからスタートENGLISH』!第48号(2017年冬号)
    toshi (02/20)
  • 平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』
    toshi (02/19)
  • ミュージアムイベントのご報告:絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』原画展
    toshi (02/19)
  • 公式ホームページ:当館紹介映像を少しご紹介!
    葉祥明美術館館長 堀内重見 (02/18)
  • 公式ホームページ:当館紹介映像を少しご紹介!
    toshi (02/18)
  • 公式ホームページ:当館の紹介映像を制作中です!
    toshi (02/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<岡山タカシマヤ>にて!_原画販売!
    toshi (02/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM