講演会のお知らせ:「第11回サウンドヒーリング研究会」@クリエクロス神田

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 17:30

 

久しぶりに葉祥明の公開講演会が11月11日(土)に神田で行われます!拍手拍手拍手

 

主催は“サウンドヒーリング協会”。理事長の“喜田圭一郎”氏と葉は20年来のお付き合いがあり、渋谷駅隣にあったプラネタリウムで絵本『イルカの星』を上映してくださったこともありました。あっかんべー

 

講演会のテーマは『自然の色や音を通して自分を知る〜私たちは何ものなのか?〜』。タイトルからお話の内容をイメージするのが難しいですが、物質的でない色や音を通して自分自身を見つめるヒントを探る、というなかなかユニークな試みです。ウィンク

 

サウンドヒーリング協会”と葉祥明のコラボレーションをどうぞお楽しみ下さい!楽しい

 

おうちこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back

 

171010-1.jpg

第11回目の今年はテーマを『自然の色や音を通して自分を知る・私たちは何ものなのか?』と題して葉祥明先生(画家、絵本作家)に講演を頂きます。葉祥明先生はサウンドヒーリン グ協会設立以来(2001年)その設立主旨と活動目的に賛同頂き、啓蒙活動やサウンドヒーリング協会が発行する協会誌の表紙にも絵をご協力頂いております。

 

自然の災害や世界の政治情勢の変動により様々な事が今まで通りには行かない時代になっ たと感じる方は多くいると思います。そのような中で「自分を知る、自分の中から生きる力 を引出し、答えを導き出す」それをヒントに新しい自分らしい道を切り開く時代になったの ではないでしょうか。古来、絵画も音楽も自然を形成する力の源と交流する方法のひとつと 言われていました。葉祥明先生の絵には、そのような芸術の原点を感じさせるものが多くあると思います。

 

サウンドヒーリング研究会を通し、一人一人が健やかな日々を創造するヒントを得て頂け ればと思います。この研究会はテーマに興味のある方であればどなたでもご参加頂けます。是非大切な方とご一緒にお越しください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 

【テーマ】第11回サウンドヒーリング研究会

     〜自然の色や音を通して自分を知る〜

        私たちは何ものなのか?
【日 時】2017年11月11日(土)13:00〜16:00
【会 場】クリエクロス神田(神田センタービル6階)
     〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-3-2

     電話:03-6629-0000
【参加費】一般前売(3,500円)/一般当日(4,000円)
【問・申】サウンドヒーリング協会事務局

     〒141-0021 東京都品川区上大崎 2-9-4-201

     Tel:03-3441-6796  Fax/03-3441-6929 

     Email:info@sound-healing.jp

     締切:11月8日(水)まで

     定員:先着60名様まで
【販売・サイン会】アリ

介護専門雑誌『おはよう21』2017年10月号:葉祥明コーナーのご紹介

  • 2017.10.08 Sunday
  • 18:00

 

介護専門職の総合情報誌「おはよう21」の

今月号に掲載された葉祥明コーナーのご紹介です。鉛筆

 

この作品は北海道の富良野を描いたものです。

今日の北鎌倉はちょっと暑かったですが、北海道はストーブがすでに活躍しているそうですよ。モゴモゴ

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“おはよう21“の記事はこちらからどうぞ!back

 

171008-1.jpg

『Life is…』 No.148   絵・詩:葉 祥明

 

人はいつかこの世を去る

愛する者も

いずれは別れゆく

 

だから

別れそのものを

悲しむのではなく

 

今、共に生きていることに

全てをかけなさい

イベントのお知らせ:鎌倉とアートを楽しもう!_お知らせ!

  • 2017.10.07 Saturday
  • 21:30

 

当館と“鎌倉市鏑木清方記念美術館”との共同企画となる『鎌倉とアートを楽しもう!』が9月16日(土)から12月3日(日)まで開催中です!拍手拍手拍手

 

これまで両館周遊というカタチでの企画だったのですが、今回は“身も心もリフレッシュ!”と銘打って、円覚寺さんと“レストラン紫(ゆかり”さんに加わって頂き、「お寺散策や、美味しいものを食べながら美術館を巡ってみてはいかがですか?」というコンセプトになりました。びっくり

 

さらに、周遊した組み合わせによって、“プチプレゼント”、そして“スペシャルプレゼント”をご用意しております!是非、この機会に鎌倉までお越し下さい!ジョギング

 

       down<チラシ表面>down

 

期間:2017年9月16日(土)から12月3日(日)まで

周遊:美術館訪問(どちらか一方)と円覚寺又は紫さん訪問でプチプレゼント。

   さらに、両館訪問になるとスペシャルプレゼントを差し上げます!

要項:○円覚寺さんで催されている<座禅会>への参加が必須です。

    詳しくはこちらをご覧下さい。

   ○レストラン紫さんでは<カフェ利用又はお食事>をお願いします。

   ○美術館へは<入館>が必要です。チラシ持参の方は入館料を割引き致します。

   ○周遊の順番は問いませんが、プレゼントは各美術館でのお渡しになります。

    その際には、拝観チケット、お食事レシートをご持参下さい。

   ○プチプレゼントは訪問した美術館のオリジナル商品、スペシャルプレゼントは

    両館のオリジナル商品となります。

 

       down<チラシ裏面>down

171007-2.jpg

葉祥明美術館の企画展:ことば集『幸せは日々の中に』原画展_展示の様子!

  • 2017.10.05 Thursday
  • 11:00

 

2017年9月16日(土)〜2017年11月17日(金)”まで、昨年発売された『幸せは日々の中に』から、直筆で書き下ろした“ことば”を展示中です。拍手拍手拍手

 

本書は他のことば集と同じく“絵が表だけ”ということで、展示室にはあまり彩りが出せませんでしたが、“読む展示”として、じっくりと読んで頂き、ご自身の考えや思いと対話されてみてはいかがでしょうか?

 

幸せは、

  なんでもないこの日常

   幸せは、

    変わりないこの日々

 

家ことば集『幸せは日々の中に』はこちらから!backback

 

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

171004-1.jpg

 

171004-2.jpg

 

171004-3.jpg

 

171004-5.jpg

 

171004-6.jpg

 

171004-7.jpg

 

 downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【開催期間】2017年9月16日(土)〜2017年11月17日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2017年10月28日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2017年11月12日(日)14:00〜15:00<ミュージアムミュージック> 

      福田麻希子(ソプラノ)高橋星那(クラリネット)

      若田典子(トロンボーン)山谷 利奈(ピアノ)

新刊のご紹介:読み聞かせ英語絵本『ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜』

  • 2017.10.02 Monday
  • 22:30

 

2015年から“Jリサーチ出版”より刊行されている“読み聞かせ英語絵本シリーズ”。

今回は“世界の名作”シリーズ三部作の三巻目となる『ピーターパンとウェンディ』!拍手拍手拍手

 

こちらの物語もこれまでの『星の王子さま』『赤毛のアン』と同様、知らない人はいないと言ってもよい名作!鉛筆2

 

ネバーランドに住む“ピーターパン”とロンドンに住む女の子“ウェンディ”の冒険と交流を通して、大人への成長と家族の愛を描いた作品は映画や舞台にもなっていますね。ウィンク

 

シリーズ前2作と違って、登場人物が多い物語。特にクライマックスとなるピーターパンと海賊フックが戦うシーンを葉祥明がどんな風に描くのかも気になるところです。あっかんべー

 

2017年11月18日(土)から2018年1月19日(金)”まで当館にて本書原画展も開催しますので、合わせてこちらもご期待下さい!

 

それでは、早速どうぞ!見る

 

青い旗絵本『ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜』のお買い求めはこちらから!back

 

down<大判>down

peter_0.jpg

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜』(大判)
【付 録】無料音声ダウンロード付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)

【原 作】ジェームズ・M・バリー
【日本語再話】深山さくら
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,800円(税別)
【頁 数】60ページ
【判 型】24.8×24.0×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2017年10月10日)
【特 長】だれもが知っている名作だから、安心して英語が読める・
     聞ける。
     美しい絵と言葉。小さなお子様のアート感覚も育つ。
     英語と日本語があるから、お子様一人でも学習できる。
     音声は3バージョン。英語・日本語・英語と日本語バイリ
     ンガル。(無料音声ダウンロード付)
     聞きたいバージョンを読者が選べる。
     プレゼントや卒園・入学祝いにも人気です!

down<ミニ版>down

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜』(ミニ版)
【付 録】CD付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)

【原 作】ジェームズ・M・バリー
【日本語再話】深山さくら
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,400円(税別)
【頁 数】60ページ
【判 型】15.3×15.3×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2017年10月10日)

 

down<03-04ページ>(一部抜粋してご紹介します)

peter_1.jpg

星の美しいロンドンの夜です。

ダーリング家の子ども部屋の窓から、ピーターパンは飛びだしました。

「ぼくの影法師が!」

ピーターパンの影法師が切れてしまいました。

A beautiful, star-filled night in London.

Peter Pan flew out the window of the Darling's house children's room.

“My shadow!”

Caught in the slamming window.

Peter Pan's shadow sanpped off.

 

down<07ページ>

peter_2.jpg

ピーターパンは、ウェンディとマイケルとジョンに、

妖精の粉を少しずつ吹きかけました。

すると……。

 

Peter Pan blew a little angel dust onto

Wendy, Michael, and John,

Then...

 

down<15ページ>

peter_3.jpg

ドカーン!

海賊の大砲です。

大きな音がとどろき、ピーターパンと子どもたちは

吹き飛ばされてしまいました。

 

Boom!

Pirates fired a cannon at them.

With the loud roar, Peter Pan and the children were blown away.

 

down<21-22ページ>

peter_4.jpg

あたりは、急に暗くなり、肌寒くなりました。

「海賊だ! 見つかっちゃうぞ!」

ピーターパンの声に、子どもたちは水に飛びこみます。

 

It suddenly got dark and cold.

“Pirates! Everyone, hide!”

The children did as Peter Pan ordered and dived into the water.

 

<31-32ページ>

びっくりしたジョンとマイケルは、急に寂しくなって叫びました、

「お家へ、帰ろう!!」

子どもたちは、地上へとかけあがっていきました。

 

海賊が待ちかまえていました。

「ピーターパン、助けて!」

地下の家のピーターパンの耳に、ウェンディの声は届きません。

 

A startled John and Micheal suddenly erupted,

“Let's go home!”

The children ran up to ground level.

 

The pirates were waiting for them.

“Peter pan, help me!”

Underground, Peter Pan couldn't hear Wendy's cries.

 

down<25-26ページ>

peter_5.jpg

そこにやってきたのは、フック船長です。

ピーターパンとフックが戦っていると……。

カチカチ カチカチ

遠くの方から、ワニの腹時計が聞こえてきました。

「ぎゃー! 食われる!」

フックは、いちもくさんに逃げだしました。

 

Captain Hook came.

As Peter Pan and Hook fought, a sound...

Tick, tick, tick,

From a distance came the sound of the clock inside the crocodile's stomach.

“Oh no!” Hook gasped,“We'll be swallowed up!”

He ran for his life.

 

down<37-38ページ>

peter_6.jpg

ピーターパンとティンカーベルは、

ウェンディたちを助けに海賊船へ乗り込んでいきました。

あちらでもこちらでも、子どもたちが海賊を倒していきます。

 

Peter Pan and Tinkerbell boarded

the pirate ship to rescue Wendy and the children.

Here and there, the children were triumphing over the pirates.

 

<続く…>

 

down<奥付>

peter_8.jpg

 

葉祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その2

  • 2017.10.01 Sunday
  • 12:00

 

今日から10月です!

爽やかな“秋晴れ”に空を見上げてしまいました。晴れ

 

前回の<秋の装い>では9月初旬でしたから、まだ夏の気配が残っていましたが、今日は抜けるような青と柔らかい太陽の光が秋を感じさせてくれます。ウィンク

 

そして、当館の飾り付けも今日から“ハロウィン仕様”です!イヒヒ

 

URLこれまでの“お庭便り”はこちらから!back

 

171001-1.jpg

 

171001-2.jpg

 

171001-3.jpg

 

171001-4.jpg

 

171001-5.jpg

 

171001-6.jpg

 

171001-7.jpg

掲載記事のご紹介:通販カタログ『佳人手帳』秋号!

  • 2017.09.29 Friday
  • 18:00

 

通販カタログ『佳人手帳』の“春号”が好評だったことを受け、“秋号”にも葉祥明作品が掲載されました!拍手拍手拍手

 

今回は全部で9点!

お陰様ですでに7点が販売終了となり、残り2点となりました。

次号“冬号”にも登場するかも!?です。てれちゃう

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

170928-1.jpg

柔らかなタッチの美しい情景が心に響く

待望の“葉祥明”書き下ろし原画9点

今春に本誌でご紹介し、人気を呼んだ画家、葉祥明さんの原画。その反響を受けてこの度、本誌先行で新たな9点の原画(すべて1点もの)をお届けしたい。

 

見る人を優しく包み込む葉さんの作品は、繊細かつ柔らやかなタッチで、どこまでも続く地平線や水平線が印象的に描かれている。まるで、地球の生命を感じ取れるような叙情的な風景画は、見る人の深部に静かに響いてくる。

 

今回は名作『赤毛のアン』の世界観、エーゲ海や湖畔、夜のとばりなどを描いた9作品。「優しさと微笑みを感じさせる世界を描くことで、皆に幸せを届けたい!」という葉さんの思いが込められている。

 

downこちらが『赤毛のアン』を描いた作品!おはな

 

downこちらは残り2点の作品。皆さま、いかがでしょうか?ウィンク

【タイトル】夢の花園〜White House〜

【価  格】216,000円(税込)

【サイズ 】318×405mm(額寸)

      274×382mm(本紙)

【タイトル】実りのトスカーナ

【価  格】648,000円(税込)

【サイズ 】448×588mm(額サイズ)

      270×380mm(本紙)

原画展<萬鉄五郎記念美術館>:『葉祥明展 〜絵本文学の世界へ〜』_番外編!

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 23:00

 

2017年6月24日(土)から9月18日(月・祝)”まで《萬鉄五郎記念美術館》にて開催した『葉祥明展〜絵本文学の世界〜』の様子をお伝えしてきましたが、今日は“番外編”として宿泊したホテル・食事処などをご紹介します!鉛筆2鉛筆2

 

それでは、早速どうぞ!見る

 

おうちこれまでの“萬鉄五郎記念美術館”の記事はこちらから!back

 

170927-1.jpg

宿泊した《ホテルフォルクローロ花巻東和

 

170927-2.jpg

ちょっとしたリゾートホテル的な雰囲気で寛げました!

都会ではなかなか聞けないカエルの鳴き声や鈴虫の音が、まるでヒーリングミュージックのようで癒されました…。テレビを付けるのがもったいないくらいです。ウィンク

 

170924-3.jpg

朝食は地元の食材を使ったバイキングスタイルで、天気が良ければ外でも食べられます!最高です!右斜め上

 

170927-3.jpg

で、何故かヤギの兄妹が飼われていました…。草をあげるとムシャムシャムシャ!パクッ

 

そして、ホテルに隣接している“セラピーガーデン”《ビオガーデン》。

本当にきれいでした。自宅の近くにあれば毎日でも行きたいですね!おはな

170927-4.jpg

 

170927-6.jpg

 

170927-8.jpg

 

170927-9.jpg

 

170927-7.jpg

 

ホテル目の前に広がる田んぼ!秋にはこの緑が実りの黄金色に!よつばのクローバー

170927-10.jpg

 

170920-8.jpg

 

170920-9.jpg

 

170920-10.jpg

 

最後に“お食事処”。

170924-2.jpg

美術館から下った突き当たりにある「いけ田」。

エビフライおにぎりも美味しかったのですが、看板メニューの手打ち蕎麦が絶品。また食べたし…。わーい

 

170924-1.jpg

岩手と言えば“盛岡冷麺”!

こちらの「きゃびん」では、わさびがまるでソフトクリームのように盛り盛り!溶かしながらいただきます!イヒヒ

 

170924-5.jpg

こちらは「みやかわジンギスカン」。

テーブルに新聞紙が自宅風…。そして、食事メニューはラム肉と白菜の2種のみ!だから白米が欲しい人は持参!本当です!びっくり

お肉はクセがなく、白菜との組み合わせもグッド!とっても美味しかったです。食事

 

以上、“番外編”でした!楽しい

フェアのお知らせ:2017年<新宿高島屋>にて!_原画販売!

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 18:30

 

9月20日(水)から10月3日(火)”まで、
新宿高島屋”にて葉祥明フェアが開催中です!拍手拍手拍手

 

こちらのショップではジェイクの絵を丸いマットで額装する、というのが昨年からのコンセプトになっています。今回も“ジェイクの四季”で皆さまのお越しをお待ちしております!グッド

 

それでは、ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

 

downジェイクの四季”はこちらのように丸いマットで囲われた仕様になります。

170926-6.jpg

 

170926-1.jpg

【タイトル】ジェイクと春うらら
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】22.9cm×29.9cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

170926-2.jpg

【タイトル】ジェイクと夏の砂浜 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】22.1cm×22.4cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

170926-3.jpg

【タイトル】ジェイクと秋の一日 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】27.2cm×26.9cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

170926-4.jpg

【タイトル】ジェイクと冬の友達  
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】23.0cm×23.2cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

170926-5.jpg

【タイトル】Fresh afternoon hill 
【予定価格】¥800,000(税別)
【絵サイズ】27.0cm×38.2cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

新宿高島屋
【期  間】2017年9月20日(水)〜10月3日(火)
【サイン会】2017年9月30日(土)14:00〜16:00
【開催場所】10階 インテリアアートギャラリー
【電  話】03-5361-1452(直通)
【開催内容】“ジェイクの四季”を丸いマットで額装したのがポイント!

いちご新聞'17年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.23のご紹介です!_2/2

  • 2017.09.23 Saturday
  • 23:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号を“2017年9月22日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2


それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

170922-1.jpg

Q:今月は海にどんな想いを込めたのですか?

A:海は、心を広くしてくれる力があると思うんだ。海を見て、海を感じていると、自然と心が開いてくれる。心を開いていけば、視野が広がる。そして視野を広げれば、感動がある。そこには夢や、夢のきっかけが待っている。そんな意味で、僕にとって海は人生そのもの。海の水平線、つまり人生の水平線の向こうに何があるか、そんなことをみんなに考えてもらえたらと思って、この海とこの水平線を描いたんだよ。

 

Q:心を開けばいろんなことが待っている、ということですね?

A:そうだね、まさにこの絵の水平線がその入口を意味しているんだよ。未来へ、夢へと開くドアとしてね。

 

Q:入口に立っていても、それが入口って気づけないこともあると思うのですが、どうでしょう?

A:何もかもを今、全部分からなくてもいいんだよ。いずれわかる。知らない方がわくわくしたり、ドキドキすることもあるでしょう、その方がいい場合もあるしね。いろんなことが人生のきっかけになるから、そのまだ見ぬわくわく感も楽しんでほしい。視野を広げるとは、そういうことなんだよ。もちろん相手のことや犯罪などには、よく注意してね。世界は広くて、約74億の人間がいる。水平線の向こうには何があるか、どんな君のドラマや夢のきっかけが待っているか、行ってみないとわからなんだ

 

Q:現実が全てと思わず、いろんなことに挑戦したり、見ることが大事ということですね?

A:現実を見ること、また現実的になることは大事なこと。でも自分が今観ている「現実」の他に、もっといろんな現実が広がっていることを常に気付いてほしい。若い頃は、ものを見る時や考える時に「現実」の「網目」が詰まってなくて、そこにはなんというか、風通しのいい隙間みたいなものがあってね、その瞬間に現実の向こう側に存在する夢が見えやすいんだけど、大人になるにつれて、「現実に目が覚める」とか、「何夢みているんだ」と考えるようになってしまったり、夢が見えにくくなる。そんな時にこそ、海を見てほしい。水平線の向こうを見よう。そうすれば、きっかけが必ず見つかるから。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • イベントのお知らせ:平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京公演!
    toshi (10/23)
  • イベントのお知らせ:宝塚歌劇団花組・公演『ハンナのお花屋さん』_行って来ました!
    もちもち (10/22)
  • 北鎌倉を楽しむ:オススメお食事&カフェ:<牛煮込み専門フレンチ「紫 -Yukari」>
    toshi (10/22)
  • イベントのお知らせ:くじ引き散歩〜北鎌倉をぐるぐるして景品をもらおう!〜
    toshi (10/21)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_2/2
    toshi (10/20)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_1/2
    toshi (10/19)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:音楽家4名によるアンサンブル!
    toshi (10/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<いよてつ高島屋>にて!_原画販売案内!
    toshi (10/16)
  • オススメお食事&カフェ:<鎌倉餃子UMINECO Wine&Cafe>
    toshi (10/15)
  • お知らせ:鎌倉アート&カルチャーMAP
    toshi (10/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM